従業員に対して昼食代などを企業が一部負担することで、従業員を労ることが食事補助の導入目的です。

従業員の経済的支援へ

毎日の食費ですので、1ヶ月に換算すると昼食代も決して少なくありません。
その負担を軽くすることで、給与以外のところで従業員の経済的支援ができます。

従業員満足度の向上

経済的支援は従業員からの好感を得やすいので、従業員満足度の向上を期待できます。

設備投資も不要でスタート

企業側としては、毎月従業員の昼食代などを負担することにはなりますが、金額自体はそこまで高いものではありません。設備投資も不要です。

全ての従業員に適用

住宅手当や家族手当と違って、全ての従業員が公平に受けられることもメリットになります。そのため導入する際の反発が少なく、従業員が不満をもつことも、ほとんどありません。

福利厚生としての食事補助

福利厚生費として食事補助を計上するには以下の2点の条件を満たす必要があります
①従業員が食事費用の半分以上を負担する
②月々の企業負担額が、3,500円(税抜き)以下であること