VISIONビジョン

「美味しい料理という予防医療」を実践的に、働く人に届ける

医師・歯科医師・管理栄養士が監修し、働く従業員の健康を考えた昼食弁当を提供する
1食当たり350kcal〜550kcal

専門家が選んだサプリメントを付け、弁当だけでは不足しがちな栄養素や、弁当と合わせることで相乗効果が得られる栄養素を補給する

使用する油は全てエクストラバージンオイルを使用
オリーブオイルは必須脂肪酸であり、デトックス作用やポリフェノールも豊富に含まれるので抗酸化作用やがん予防にも期待

STAFF

管理栄養士×歯科医師×医師
専門家チームを結成し、
美味しく満足度の高い健康レシピを実現!


  • Gochi弁 代表管理栄養士
    小川 侑子

  • 小嶋デンタルクリニック 歯科医師
    小嶋 隆三

  • 大村クリニック 糖尿病専門医
    大村 和規

MESSAGE

「Gochi弁」の思い
みんな元気で健康に働いてほしい!!

「美味しく楽しい健康食をオフィスへ」をテーマにGochi弁は生まれました。

現在、「働き方改革」が求められている時代となっています。
残業規制や、有給休暇取得義務、副業推進など様々な取り組みを企業は求められます。
しかし、働き方改革の本質は、「働くスタッフが健康で楽しく働くこと!」と私たちは考えます。
もちろんそれにより生産性向上に繋がることで企業はより豊かになり良くなると思いますが、それはあくまで副次的なこと。
まずは、一緒に働くみんなが健康で楽しく働いてくれれば企業はより元気に前向きになれると思います。
私が大学病院で勤務している時や、自身のクリニックのスタッフを見た際に、
当たり前のように昼食時カップラーメンやコンビニの弁当を食べていました。
悪いことではありませんが、とても健康を生業としていると思えない食生活でした。
弁当注文をしていたスタッフも、価格を抑えお腹に入れることを目的に味は我慢し食べていました。
休憩室を覗いてみるとせっかくの団欒である休憩時間が、どこか寂しい空間と感じました。

「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」
この本に記載されていましたが、
「人間は食べたものでできている」
この言葉に全て集約されていると思います。

自分のパフォーマンス向上のためにも、企業の事業推進の良質なエンジンとなる
スタッフのためにも、体に良い食事を提供しませんか?
健康食というと、「味が薄い」「量が少ない」「楽しくない」「病院食のようだ」というイメージがあると思います。
私たちは、そのような健康食の問題を解決すべく、
管理栄養士、医師、歯科医師、調理師を含めたメンバーで構成される「メディシェフ 」と共にGochi弁を作り上げました。
メディシェフ は、経済産業省の「健康寿命延伸推進事業」に
2年連続で採択された一般社団法人、日本医食促進協会が提供する資格であり、
Gochi弁メンバーにも協会関係者が多く在籍しています。
Gochi弁は、美味しく満足度の高い健康弁当となっています。
また、どうしても食べ物から摂取しにくい栄養素というものがあります。
調理の工程で栄養価が下がってしまう食べ物、メニューで不足しがちな栄養素。
これらを医師が監修したサプリメントで補充します。
それにより、より健康的な食事が完成します。
もちろんサプリメントはお好みとなっております。
是非とも一度、我々が作ったGochi弁を体験してみてください。
「美味しく、楽しい健康食をオフィスへ」
今日も真心を込めて、Gochi弁を作っています。

最後に、亡くなる前にスティーブジョブズが残した言葉を紹介します。

以下抜粋
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。
人生だよ。命だよ。
手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。

「健康な生活を送る本」

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために
あなたの友人のために。
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

スティーブ・ジョブス
1955年2月24日 – 2011年10月5日