地中海食の健康効果!

2020年2月12日

こんにちは!静岡市から美味しい健康食を提供する、Gochi弁です!

世界の食事においても日本食は健康的で良いと言われていますが、近年においては、イタリアや、ギリシャ、スペインなどの地中海食が健康と世界で注目を集めているのはご存知でしょうか。

少し前までは、日本食は非常に良い!とされていました。

その理由としては、大豆食品が多く、魚、野菜が豊富であるほか脂質をあまり使わないためダイエットにも効果的であると世界中に伝播されていきました。

しかしそんな日本食にも欠点があります。

「塩分」が多いことです。

大豆や魚などを加工していくにあたり大量の塩を日本は使用するのです。

その結果、塩分過多とカルシウム不足による脳血管疾患、心疾患の割合が世界的にも多い傾向にあります。

そこで日本食の代わりに近頃注目を集めているのが「地中海食」です。

イタリア、ギリシャ、スペインなど地中海沿岸の地域の食習慣で、地中海食と死亡率の関係性を明らかにした研究が世界中で出てきています。

地中海職には明確に定義というものが存在します。

①植物性食品(果物、野菜、パン、穀物、豆、種実)が豊富であること
②加工度を最小限にとどめ、季節ごとに地域で取れた新鮮な食材を使うこと
③典型的なデザートとして新鮮な果物を食べること
④油脂はオリーブオイルを使用すること
⑤少量または適量の乳製品を食すること
⑥卵の使用は週に4個未満であること
⑦赤身肉の使用は稀であり、少量であること
⑧少量または適量のワインを、食事とともに飲むこと

これを参考に、ご自身の食生活を見直してみるのもいいかもしれませんよ!